自己治癒コンクリートについて

0

自己治癒コンクリート内にいるバクテリアは、どのくらいまで生き続け、治癒力を発揮するのですか?

この質問にアンサーする
0

自己治癒コンクリート用のバクテリアは、水分と酸素、適度なpH環境という3条件のもとで活性化します。

コンクリートにひび割れが無く、水分と酸素が十分に浸透しない環境ではバクテリアは胞子の殻で身を包んで休眠しており、その状態ではおよそ200年生き続けることができると言われています。

一旦ひび割れが生じ、活性化する条件が揃うとバクテリアは増殖を始めますので、コンクリート内に休眠中のバクテリアが存在する間は自己治癒力を持ち続けることができます。

この質問にアンサーする
マイページ