ひび割れから白い流出物が出ている場合【質問回答】

Q. 質問内容

住宅基礎工事の日数はどれくらい?

A. 回答

ひび割れから発生する白い流出物は、コンクリートに含まれている石灰分が水に溶けてひび割れから流出し、空気中の二酸化炭素と反応して白い結晶を生じたもので、遊離石灰やエフロレッセンスと呼ばれます。

雨などで濡れやすい場所にあるひび割れに水が浸透し、外部にエフロレッセンスを生じることもあるので、必ずしもひび割れがコンクリートを貫通しているとは限りません。

しかし、エフロレッセンスを生じるという事はひび割れに水が浸透しているという事ですので、放置すると内部鉄筋の腐食を招くことがあります。

エフロレッセンスについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

>>コンクリートのエフロレッセンス(白華)について