駐車場の土間コンクリートにひび割れが起こる原因と抑制方法について

今回は駐車場の土間コンクリートに発生するひび割れの原因とその抑制方法をご紹介します。コンクリートにひび割れが発生するとコンクリート自体が悪いと思われるかもしれませんがが、土間コンクリートの場合は地盤の状態が影響している可能があります。そのため、コンクリートを打設する前の確認も重要です。

1. 駐車場土間コンクリートに起こるひび割れついて

駐車場の土間コンクリートに発生するひび割れは、コンクリートが原因で起こる場合と地盤が原因で起こる場合があります。ひび割れとしては、ヘアクラックと呼ばれる非常に細かいひび割れから構造上問題となる大きなひび割れなど様々なひび割れがあります。

ヘアクラック自体はさほど問題にはなりませんが、目に見えるひび割れのため見た目はあまりよくありません。構造上問題となる大きなひび割れであれば、すぐに補修する必要があります。

1-1. コンクリートが原因で起こるひび割れ

コンクリートは、セメントと水がふれあることにより、化学反応を起こします。その化学反応により熱を生じコンクリートの温度が上がります。コンクリートの温度と外気温との間に温度差が生じることにより温度ひび割れが発生します。さらに、打設後のコンクリートの表意面が乾燥することにより収縮がおきます。それが乾燥収縮のひび割れとなります。

土間コンクリートの施工で注意したいのが天候です。コンクリートが硬化する前に雨が降るとコンクリートが流れ出すなどして、せっかく仕上げた表面が凸凹になったり、強度が低下してしまいます。真夏の気温が高すぎるような場合も表面の乾燥が早すぎるため、ひび割れ発生の可能性が高くなります。しっかり養生することが大切です。

1-2. 地盤が原因で起こるひび割れ

駐車場を作るとき、駐車場となる場所を掘り起こしそこにコンクリートを打設します。見た目は問題なくても、掘り起こしてみると柔らかい粘土のような土がでてくる場合があります。その場合は注意が必要です。なにも気にせずそのまま施工し、車などが上を通るとひび割れが発生する可能性があります。これが地盤沈下によるひび割れです。元々の地盤が悪いことが原因でも発生しますが、コンクリートの下に敷く砕石の転圧が不十分な場合でも発生する可能性があります。

2. 駐車場土間コンクリートのひび割れ抑制方法

駐車場土間コンクリートのひび割れ抑制方法としては、下記にあげることなどがあります。

・ コンクリート下部にワイヤメッシュを入れる

ワイヤメッシュは、曲げに弱いコンクリートの弱点をカバーしてくれる鉄筋です。

・ 基礎地盤の砕石転圧をしっかり行う

地盤沈下によるひび割れ防止につながります。

・ 大きな面積の場合一定の範囲ごとに伸縮目地を入れる

伸縮縮目地をきちんと設けている駐車場のコンクリートは、外気温による伸縮に耐えることができる上に、地震による大きな振動や車が乗り上げる際にかかる大きな圧力に対しても耐え抜くことができるということです。エラスタイトと呼ばれる伸縮目地材の他に、草目地や砂利目地などでも大丈夫です。

・ 不規則な形にしない

土間コンクリートの形は真四角で、コンクリート内に何も無い状態が一番理想です。カーポートの柱、ガーデンパン、雨水桝、量水器などの隅からはクラックが入り易いです。入り組んだ場所も入り易いので注意が必要です。

・その他

部分的に仕上げ材を変えて、洗い出し加工やタイルなどを張ったりしておしゃれにするのもオススメです。

3. まとめ

土間コンクリートは一般的な構造物と比べてひび割れが入りやすいです。色々な場所にある駐車場にひび割れが発生しているのを見たことがあるかと思います。施工を注意しないとひび割れだらけの駐車場になってしまいます。

また、土間コンクリートの施工は手抜き工事を見抜きにくいです。質の悪い工事をされても、一般的にそのひび割れは入りますと言われるだけの場合もあります。あまりにも安すぎる業者は選ばないように気をつけてください。

もし気になることがあればコンクリートの専門家へご相談下さい。