庭に除草目的で誤って塩を撒いてしまった場合、住宅基礎の鉄筋コンクリートに影響はありますか?

0

先日、恥ずかしながら塩害というものを知らず、除草目的で庭に塩を撒いてしまいました。
その後、塩害というものを知り、住宅基礎にダメージがいかないか心配になっております。

塩を撒いた地点から、住宅基礎のコンクリートまでは1メートルほど離れております。(塩を撒いた地点から住宅基礎までは繋がっていて、遮るようなものはありません。撒いてしまった塩の量は300gほどです。)

仮に、将来、これが原因で住宅基礎のコンクリートの中の鉄筋が錆びてしまい、その結果耐震性に問題が生じるなどの可能性はあるのでしょうか?我が家は沿岸部に位置しておらず、また豪雪地帯でもないので、凍結防止剤などは撒いたりはしないので、これ以上庭の塩分が増えることはないと思うのですが、心配です。

この質問にアンサーする
0

確かに塩化物は、鉄筋コンクリートにとっては大敵です。 しかし、今回のケースの場合、まだ固まらないコンクリートに直接混入したわけでもなく、基礎から距離もあり、その基礎が健全でひび割れが無い場合は大丈夫だと思います。  立地条件も沿岸沿いではないということなので、環境的に外部からの塩化物侵入も少ないことを考えても、心配はないと思います。 どうしても心配であれば、塩を撒いてしまった部分の土を入れ替えてはどうでしょうか。

この質問にアンサーする